糖質オフダイエットの失敗からバタフライアブスで痩せる

Pocket

ダイエットで痩せる体作り
Myriams-Fotos / Pixabay

私が初めに試したのは、糖質オフのダイエットでした。
夫が太ったのを気にして、主食の米は食べないと言い出してから私も何となく食べにくくなって糖質オフを付き合いで始めることにしました。

だから、朝も納豆と卵と味噌汁とサラダだけ、ご飯もパンもなしでした。
夜はサラダと肉とか魚料理と、きんぴらゴボウみたいな糖質の少ない野菜料理。

あとは湯豆腐など鍋の登場回数も一気に増えました。
まあ、汁物があるとある程度は満足するのですが、なんか満たされない気持ちは増加していきました。

確かに身体の贅肉は少なくなったように感じたのですが常にお腹が満腹にならない感じがしたのです。

顔はほっぺのお肉が減ってスッキリしたから痩せたのかなと実感はしました。
それでも、長く続けていられなくて朝だけはお米を茶碗一杯だけ他の品目を食べてからゆっくりと摂るようにしました。

やはり糖質というのは体にも心にもある程度は必要なのでしょう。
多少の量の調節はあっても完全に糖質オフを目指すのは良くなかったなと反省しました。

今では糖質制限だけでは痩せるのも限界があると感じて運動をすること。というより筋肉を鍛えたり心肺機能を高めることを通して健康的に痩せるのが長くダイエットを続ける秘訣だと断定します。

まずはバタフライアブスで運動を取り入れるのが最善だと判断してバタフライアブスを買いました。こちらのバタフライアブスのサイトでメリットからデメリットまで口コミ効果をはっきりできました。バタフライアブスの口コミから効果を読み解くことから私のバタフライアブスを使ってのダイエット生活がスタートしました。

まだバタフライアブスを使ってのダイエットは長くはないですが、順調に筋肉が鍛えられています。このまま代謝をアップして痩せる筋肉をつけていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)