「アンドロJapan」アプリでポイントGET!キャンペーン実施中!

ゲーム探すなら、毎日更新 アンドロJapan

ヤリコミレビュー

カードバトルと街作り要素が融合した新次元ソーシャルゲームが降臨!
美しき戦乙女たちをカード召喚して数々の激戦を勝ち抜こう!!

カードバトルと街作り要素が融合した新次元ソーシャルゲームが降臨!美しき戦乙女たちをカード召喚して数々の激戦を勝ち抜こう!!

●スペック

ゲーム名:神界のヴァルキリー
ジャンル:カジュアル
価格:無料
容量:42MB
配信マーケット:Google Play
配信元:NUBEE PTE LTD

カードバトルと街作りを一緒に楽しめちゃうなんてゼータクすぎっ!

Andoridゲームにカードバトルは数あれど、今回ご紹介する『神界のヴァルキリー』ヤリコミ度の高さときたら、も~とびっきりのトップクラス! カードゲームとしての完成度が極めて高い上に、作中に“街作り”という新機軸の要素まで導入しており、いまだかつてない未体験ゾーンなソーシャルゲームになっているんですネ。カードバトルは初めてというビギナーの方はもちろん、カードバトルに少々食傷気味なコアプレイヤー様にも必ずや満足して頂けることウケアイですヨ!!

まず、なんと言っても最大の注目点は、本作『神界のヴァルキリー』を手掛けたのはPlayストアの“トップデベロッパー”としてお馴染みのあの“NUBEE”さんという点でしょう!
NUBEEさんと言えば、街作りソーシャル『ジャパンライフ』コイン落としゲーム『コインパイレーツ』など、数々のヒット作をリリースしてきた実力派デベリッパーさん。そんな大御所デベロッパーたるNUBEEさんが満を持してお送りするのが、本作『神界のヴァルキリー』というワケなんですネ。

さすがトップデベロッパーたるNUBEEさんの作品だけあって、本作『神界のヴァルキリー』に対する力の入れようは一切の妥協なし!! まず驚くのが“基本プレイ無料”のスマホゲームでありながら、作中に美麗なオープニングムービーを用意するなど、作り込み度がめっちゃ半端ないんですヨ!
一方、カードゲームと言えば、やっぱり気になるのがカードを飾るイラストの出来具合。しかも本作『神界のヴァルキリー』では、カードバトルで戦うのは異世界から召喚された乙女のみ! つまり、どのカードのイラストも、ぜーんぶ漏らさず可憐な美少女たちなんですヨ!!
ワタシも齢アラフォーにして“萌え系イラスト好き”としては、ん十年のキャリアを誇りますから、二次元美少女に対する審美眼はハッキリ言ってかなりのうるさ型。中途半端なデキであれば、びしっと飼い猫に八つ当たりな文句を言って猫キックで反撃を喰らうことも辞しませんが、本作『神界のヴァルキリー』の美少女カードときたら、もう猫まっしぐら状態ですヨ! いや~、どのカードもきゃわゆすぎて、目の保養になるったらありゃしませんって!!

しかも、さすがゲーム制作に精通したNUBEEさんの作品だけあって、カードバトルとしてはバツグンに遊びやすい点も大きな魅力! 作中の至るところに分かりやすいチュートリアルを設けるなど、プレイヤーさんに向けた配慮は万全。しかも多彩な“クエスト”を用意しており、これらにチャレンジしていくだけで、自然とゲームを進めていけるようになっているんです! もちろんクエストをクリアーすれば嬉しいご褒美がありますので、プレイしていても作業感は一切なし! いやぁ~、NUBEEさんってば、本当に一部の隙もないございませんわぁ(ため息)。

『神界のヴァルキリー』スクリーンショット

グラフィック、システム、サウンドなどあらゆるゲーム要素がとてつもなくハイクオリティー! カードバトルの新たな可能性を思いっきり魅せつけてくれちゃうことウケアイですヨ!!

『神界のヴァルキリー』スクリーンショット

戦いの主役は、異世界から召喚された乙女たち! 敵とのバトルでは多彩なスキルを駆使して、百花繚乱の大輪を咲かせてくれちゃいますヨ!

戦乙女たちの部隊を編成して多彩なバトルを戦い抜こう!!

異世界から召喚された戦う乙女たちが華麗に戦うファンタジーカードバトル『神界のヴァルキリー』。まずは、そんな魅力たっぷりな本作の世界観から紐解いていきましょう!

ゲームの舞台となるのは、神々が住まう遥か天上の世界。しかし、そこでは戦乱と危機が幾度となく繰り返され、争いが絶えることなく続いていました。
そんな天上世界にある国のひとつに、“マスター”として召喚されたのがプレイヤーであるアナタ自身! マスターとなったプレイヤーは、自国を守り、天上世界を統一して平和を取り戻すため、部隊を指揮して戦いに臨むことになります。
しかし、天上世界で戦いに臨むのは、なんと異世界から召喚された美しき“乙女”たち! こうしてマスターたるプレイヤーは、異世界から戦う乙女たちを召喚し、天上界統一に向けて他国へと進軍することを決意します。

ん~いいですね~。ナイスですね~。……と思わず声が村西監督ボイス(知らない人はパパに聞こう!)でうわずってしまうほど、本作『神界のヴァルキリー』ってば、萌え好きなワタシのハードをどストライクで攻め込んじゃってくれちゃってマス! 女の子だけが戦うですって? それって、めっちゃパラダイスじゃないですかっ! しかも、本作『神界のヴァルキリー』では、自分だけの乙女部隊を編成して、3種類もの多彩なバトルを楽しめちゃうんですヨ!!

バトルで使用する部隊の編成はとってもカンタン。まずは“召喚”を使って、異世界から乙女を呼び出しましょう! 召喚のタイプは、“通常召喚”と“プレミアム召喚”、“究極召喚”の全3種類を用意。“通常召喚”は1日1回無料で利用できるほか、戦友との交流を通じてゲットできる“絆ポイント”でも使用できちゃいマス。
一方、“プレミアム召喚”は“レア”以上の強力なカードを確実に入手可能。利用するには、“宝石”や“乙女券”が必要になりますが、それだけの価値は十二分にある召喚ですヨ!
最後に“究極召喚”は、なんとスーパーレアのカードを10パーセントの確率で入手できちゃうという最高級の召喚デス。ただし“究極召喚”を利用するには、乙女券120枚でゲットできる“究極召喚チケット”が必要。さすがにスーパーレアを高確率でゲットできるだけあって、少々ハードルは高いですが、機会があれば是非とも利用したい召喚ですネ!

さて、召喚でカードを集めたら部隊の編成を行ないましょう。部隊の編成は、メインメニューの“部隊編成”から設定可能。作成できる部隊は“攻撃部隊”と“防御部隊”の2種類があります。
“攻撃部隊”はその名のとおり、敵拠点を攻める際や他プレイヤーさんとの対決バトル時に使用し、最大で3部隊まで作成することが可能デス。一方、“防御部隊”は、敵プレイヤーさんから攻め込まれたときに用います。

各部隊には、初期状態で3枚、王都に“闘技場”を建築すると最大5枚までセット可能になります。もっともゲーム開始直後にいきなり“闘技場”を建築するのは無理ですので、とりあえずは3枚のカードで部隊を編成すればオーケーでっす!

3枚のカードで部隊を編成したら、さっそくバトルを行ないましょう! 本作『神界のヴァルキリー』でプレイできるバトルは、“戦役”と“デュエル”、“魔女討伐”の全3種類! さらにイベント時には、特別なバトルモードが追加される場合もあるんですヨ。実に盛りだくさんの内容で、やり応えたっぷりスギですねっ!!

『神界のヴァルキリー』スクリーンショット

召喚で異世界から乙女たちを呼びだそう! より強力な乙女をゲットしたいなら、“プレミアム召喚”や“究極召喚”がオススメですヨ!!

『神界のヴァルキリー』スクリーンショット

手に入れたカードで部隊を作成! ただし注意しておきたいのが、各カードに設定された“コスト”値。部隊には編入できるのは、カードの合計コストが、プレイヤーの“部隊コスト”以下までとなりまっす!

多彩なバトルモードでプレイヤーを飽きさせないっ!

3種類のバトルで、最初に皆さまにチャレンジして頂きたいのが“戦役”デス! 戦役では、各地を冒険しながら、エリアボスを打倒していくというストーリー仕立てのバトルを楽しめちゃいマス!!

“戦役”を進めるには、メイン画面の中央にある“進軍”ボタンをタップするだけ。進軍をタップすると“行動力”のポイントを消費して、エリアの最深部に向かって移動を行ないます。
進軍中は、敵部隊との交戦が発生したり、新たなカードや“聖宝”を発見したりなど、プレイヤーを飽きさせない演出が満載! なお“聖宝”をコンプリートすると、強力なカードを入手できちゃいますので、より多くゲットしておきたいところ。

進軍を進めていきエリアの最深部にたどり着くと、強力な“エリアボス”が登場。見ごとエリアボスを倒せばエリアクリアーとなり、次のエリアへと進むことができます。

また、戦役中には時折、“魔女討伐”と呼ばれる特別なバトルが発生する場合があります。“魔女”は神界に出没する強力な敵で、通常のバトルとはひと味違うスリリングな戦いを楽しめちゃうんですヨ!
さらに魔女討伐では、“戦友”になった他プレイヤーさんと協力できるのも大きな魅力。ひとりでは倒せない“魔女”と遭遇した場合は、“援軍要請”を使って戦友さんたちに協力をあおいじゃいましょう!
協力プレイで見ごと魔女を倒したあかつきには、自分はもちろんのこと、援軍に駆けつけてくれた戦友さんにも報酬をゲットすることができます。これは協力しない手はないってもんですネ!

また“魔女討伐”では、魔女を倒すと、さらに強力な魔女が敵として登場します。つまり倒せば倒すほど、より強敵が現われるというワケですネ! 強い魔女を倒せば、より強力なカードを獲得できますので、是非とも張り切ってバトルに臨んでくださいませっ!!

最後にご紹介するのが“デュエル”と呼ばれるバトルモード。このデュエルでは、他プレイヤーさんと“聖宝”を巡って対決バトルを楽しめちゃうんデス! 
“聖宝”は“戦役”でも入手できますが、それだけでは全種類をコンプリートできないんですネ。すべての聖宝をゲットするには、他プレイヤーさんから奪い去るほかありません。聖宝コンプリートの報酬は、とっても強力なカードですから、これはデュエルを避けてとおるワケにはいきませんネ!

『神界のヴァルキリー』スクリーンショット

バトルは迫力満点の3Dグラフィックで展開! スキル使用時にはド派手な演出が炸裂するなど、見どころたっぷり!!

『神界のヴァルキリー』スクリーンショット

“戦役”では、他プレイヤーさんとの出会いも。あいさつを交わして“絆ポイント”をゲットできるほか、“戦友”の申請も行なえちゃいますヨ!

『神界のヴァルキリー』スクリーンショット

妖艶な魔女が敵として立ちふさがる“魔女討伐”。ひとりで倒せない魔女がいたら、戦友のプレイヤーさんに“援軍要請”して共に戦っちゃいましょう!

街作りやカード強化などヤリコミ要素もバッチリすぎっ!!

ここまで主にバトルについてご紹介してきましたが、本作のウリはそれだけじゃあありません! なんと『神界のヴァルキリー』では、街作りの要素も楽しめちゃうんですヨ!!

王都を発展させるには、“ゴールド”と“エーテル”、“鉄”といった全3種類の資源が必要となります。こうした資源を生産するには、王都に様々な施設を建築する必要があるんですネ。
施設には実に多彩な種類があり、すべてをご紹介することはできませんが、特に重要なのが“農場”と“エーテル炉”、“製鉄所”の3種類。農場はゴールド、エーテル炉はエーテル、製鉄所は鉄をそれぞれ生産してくれるんですネ。

この3種類の資源は、カードの兵士を補充する際に必須。バトル時に兵士数は、いわば“体力”として機能しますので、兵士数が少ないと敵から攻撃を受けた際にすぐに敗北してしまいます。しかも、兵士数は自然回復しませんので、こまめにチェックして補充する必要があるんですネ。
兵士の補充時は1名につき、各資源が2ポイントずつ消費。例えば、兵士を一気に1000名チャージしたいときは、ゴールドとエーテル、鉄が2000ポイントずつ必要になるといった感じですネ。カードの体力はバトルで絶えず消耗しますから、資源はできる限り確保しておきたいところ。より多くの資源を生産できるように、王都をこまめに発展させていきましょう!

もちろん、街作りの醍醐味は資源の確保だけではありません。樹木や石畳、城壁、桃の木、花壇など、多彩な景観アイテムもたっぷりと用意されていますので、箱庭シミュレーション的な楽しみも味わえちゃうんデス! しかも、本作『神界のヴァルキリー』では、プレイヤー同士で王都を訪問し合うことも可能。センスのいい王都を作り上れば、戦友からの注目度もアップすること間違いナシですヨ!

また、ヤリコミ重視派にたまらないのが、カードの強化や合成要素メインメニューの“カード強化”からは、カードのレベルアップや合体などを利用できちゃうんですヨ!
不要なカードを素材にしてお気に入りのカードをレベルアップさせたり、同種のカードを合体させて上位の乙女に生まれ変わらせたりなど、多彩なカード強化を満喫可能。さらに特定のカードを合成させて、まったく異なるカードを誕生させる“合体”や、カードが持つスキルをレベルアップさせて、威力や発動率を向上させることもできちゃいマス。“カード強化”を駆使して、他プレイヤーさんがうらやむような超レアかつ強力なカードを作り上げちゃいましょう!!

街作りやカード強化、多彩なバトルモードなど多彩な要素をたっぷり詰め込んだ注目作『神界のヴァルキリー』。異世界から召喚された乙女たちは、いずれもとびっきりの美少女ばかり! 美麗カードを集めまくって、最強の乙女部隊を作り上げちゃいましょう!!

『神界のヴァルキリー』スクリーンショット

資源が生産されると、施設上に資源アイコンが出現。これをタップすると資源を回収できちゃいマス。

『神界のヴァルキリー』スクリーンショット

カード強化画面では、合体や進化後のカードをプレビュー表示可能。これで安心して強化を楽しめちゃいますネ。……でも、時には想定外のカードへと生まれ変わることも!?

  


(C)2013 Nubee Pte Ltd. All Rights Reserved.

●篠原義夫プロフィール

ゲームからハード記事までなんでも書いちゃうデジタル系フリーライター。得意ジャンルは、PCやスマートフォン、デジタルガジェット、ゲームなど。つまり、デジタル大好きっコってことですネ。いくつになっても、デジタルや最先端機器は楽しいもんです!